エキテン地域1位

受付時間

よしだ鍼灸整骨院 0120-888-948

交通アクセス

腰部脊柱管狭窄症

こんな症状でお悩みではありませんか

  • しばらく歩いていると下肢の痛みや痺れ、こわばり感等が出現し歩くことが出来なくなる
  • 腰を後ろに反らすことで腰から下肢にかけての痛みやしびれが悪化する
  • 夜間にこむら返りを繰り返す

腰部脊柱管狭窄症はなぜ起こるのでしょうか?|よしだ鍼灸整骨院

腰部脊柱管狭窄症では、腰椎の脊柱管(神経の通り道)が何らかの原因(多くは加齢による

脊椎の変性や変性すべり症)により狭くなることで、神経組織の圧迫や血行の阻害が起こり

坐骨神経痛の症状、痛みや痺れ、冷感、膀胱直腸障害等が出現します。

 

そのため、前かがみ姿勢をとることで症状が楽になり、腰を後ろに反らすことで症状が悪化します。

 

また、しばらく歩いていると下肢の痛みや痺れ、つっぱり感等が出現し歩くことが出来なくなるが、

休息(少し前かがみになり座る等)を挟むことで症状が軽減し、歩くことが出来るようになる

間欠性跛行という症状が特徴です。

 

同じ様な症状を持つ疾患に、閉塞性動脈硬化症や閉塞性血栓性血管炎といった下肢の血管性による

ものがありますが、こちらは前かがみ姿勢をとっても症状に変化はありません。

腰部脊柱管狭窄症の症状が治らない・悪化する理由(放っておくとどうなるか?)|よしだ鍼灸整骨院

・腰から下肢の筋肉の固さを放置

・体幹、下肢筋力の弱体化

・神経の通り道を狭くする姿勢の持続

 

進行すると連続して歩行出来る距離や時間が短くなっていきます。

 

重症の場合は50メートルも歩かないうちに症状が強くなって歩けなくなったり、

5分程度立っているだけでも症状が出たりします。さらに、徐々に下腿の筋肉が萎縮し、

永続的な歩行障害が起きることもあり注意を要します。

 

また、馬尾神経の症状として会陰部のしびれ感や灼熱感が出現したり、男性では

間欠性跛行と同時に疼痛を伴う陰茎勃起(間欠性勃起)を認めることもあります。

腰部脊椎管狭窄症の治療法は?|よしだ鍼灸整骨院

・痛みの原因となっている筋肉の固さを取り除きます

・体幹、下肢部の筋力の強化を単純に行うだけでなく神経伝達や筋肉の反応を上げ痛みを起こしにくい動作改善を行います

・神経の通り道を狭くする姿勢の改善を指導します

 

筋肉と骨格のバランスを整えて痛みを起こしにくい姿勢を身に付けませんか??

  • instagram
  • facebook
  • line

お問い合わせ

よしだ鍼灸整骨院

0120-888-948

住所
〒653-0812
兵庫県神戸市長田区長田町1丁目3-1 サンドール南館116号
駐車場
当院前のダイエー駐車場をご利用できます!



1時間まで返金制度有

受付時間