腰痛・ヘルニア・ぎっくり腰|神戸市長田区 人気の整骨院|痛みの根本治療と交通 事故治療(腰部捻挫)で評判のよしだ鍼灸整骨院

ぎっくり腰などといった腰痛が発症する原因として多く挙げられる
ものは、背骨付近の筋肉が硬くなることによって
引き起こされるものです。
背骨付近の筋肉が硬くなる理由としまして、
長時間の同じ姿勢や、重たいものを繰り返し持つ
といった腰部に過度な負担がかかる積み重ねです。

ヘルニアの場合、背骨から椎間板(骨と骨との間のクッション)
が飛び出し、神経を圧迫することによって痛みを発症させます。
人間の背骨には、骨と骨の間に椎間板と言ったクッションがあり、
身体に対して無理な姿勢や、過度な運動を繰り返していると、
クッションの膜が破れ、外に飛び出てしまいます。

ぎっくり腰を長年放っておくと、
激しい痛みを繰り返すことになったり、
重たい物を持った時のみならず、くしゃみをした時や
トイレに座った時といった日常生活の中で、
激痛を伴うようになる場合があります。

ヘルニアを放っておくと、脚に力が入らなくなったり、
痺れが激しく出たり、激しい痛いが原因で睡眠障害にも発展することがあります。
最悪の場合、手術が必要になります。

神戸市長田区よしだ鍼灸整骨院では、このようなぎっくり腰、ヘルニアなどといった
腰痛の患者様に対して、専門的な治療を行えます。
まずは、特殊な機械で身体全体の姿勢の歪み、筋肉のバランスを分析します。
身体全体のを分析することで、腰部に負担をかけている本当の原因を探ることが出来ます。
腰痛を根本から解消するためには、腹筋と背筋のバランスを整えなければなりません。
腹筋、背筋のどちらか一方が強すぎる場合には、正しい姿勢を維持出来なくなり
不自然な個所に負担をかけることになります。
そのため、当院では背骨・骨盤調整で身体の歪みを正した後に、股関節と骨盤の可動域を確認します。
その際に、動きが出ていない筋肉を見つけ、動くようになる刺激を与えます。
この当院独自の治療によって、腰に負担をかけない身体を作ることが出来ます。