手の痺れ、すぐ治るものと思っていませんか? 平成30年4月27日 神戸市長田区 よしだ鍼灸整骨院・整体院

  • HOME
  • 電話
  • アクセス・料金

手の痺れ、すぐ治るものと思っていませんか? 平成30年4月27日 神戸市長田区 よしだ鍼灸整骨院・整体院

(2018年04月27日 8:21 pm) コメント(0)

皆さんこんにちは!神戸市長田区のよしだ鍼灸整骨院・整体院です。

今日は、手の痺れについて!

手の痺れ…それだけ聞いたら大したことないのでは?すぐ治る?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

が、それは間違いです!

痺れの種類や原因によって、すぐ治るもの、原因をどうにかすると治るもの、そして病気のサインである事もあります。

まず、痺れの種類とその原因についてお話しします。

・神経や血管の圧迫

→寝ている時に手が体などの下になっていたりすると、神経や血管が圧迫されて手の痺れが起こります。長時間の正座で足が痺れるのと同じ原因です。

 

・脳

→脳卒中など、脳の血管が破裂したり血栓などがつまったりすると、手の痺れが出る場合があります。片手だけに痺れが現れることが多いです。

 

・椎骨、椎間板

→頸椎の椎間板ヘルニアや頸椎症などの首の病気が原因で、首の神経が圧迫されて手の痺れが起こる場合があります。

 

・神経

→神経そのものに異常がある場合。糖尿病など、神経障害の起こる病気の可能性があります。

 

・手根管症候群

→手首の付け根にある、神経や腱が通っている、靭帯と骨で囲んでいるトンネルを手根管といい、そのトンネルに炎症などの異常が起こって腫れると、トンネル内が圧迫されて手の痺れが起こる事があります。20代や50代の女性、手をよく使う仕事をされている方、骨折をしている方などが手根管症候群になりやすいと言われています。

 

・胸郭出口症候群

→姿勢が悪い為に、鎖骨やその周りの筋肉が常に引っ張られて神経を圧迫して痺れが起こる場合があります。なで肩や猫背の方に多いと言われています。

 

では、痺れがある場合はどうしたらいいの?

 

お気軽にご相談ください。

痺れの出ている部位・思い当たる原因・仕事や普段の生活・既往歴などから、まずは痺れの原因を探ります。

 

もし、脳や病気による神経障害が疑われる場合は専門医への受診を提案させて頂く場合がございます。

 

原因が筋肉や姿勢である場合は、筋肉の緊張を緩和させ、更にその筋肉がまた緊張しないように姿勢の矯正を行い、症状に根本から向き合います!

手の痺れには、様々な原因が考えられます。

お悩みの方は是非、神戸市長田区のよしだ鍼灸整骨院・整体院にご相談ください!

 

※ 整骨院では日常生活動作中の痛み、スポーツ中の痛みなど、ケガ・外傷にのみ保険証の適用が認められております。

 

※このブログは国家資格である柔道整復師である院長吉田炳浩が監修しています。

 

 

*******************

神戸市長田区よしだ鍼灸整骨院・整体院HP

↑↑↑↑↑↑

こちらをクリック!!

神戸市長田区長田町1-3-1サンドール南館108号 長田神社 ダイエー前

診療時間  午前9:00~12:30

午後15:30~20:30

水曜日午後、日曜、祝日は休診です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

電話番号