野球 デッドボールについて 神戸市長田区よしだ鍼灸整骨院 平成29年4月22日

  • HOME
  • 電話
  • アクセス・料金

野球 デッドボールについて 神戸市長田区よしだ鍼灸整骨院 平成29年4月22日

(2017年04月23日 10:36 pm) コメント(0)

こんにちは!

 

神戸市長田区よしだ鍼灸整骨院です!

本日は野球のデッドボールについてです。

 

このようなことでお悩みの方!

 

 

・当たった患部の痛みがひかない

 

・押さえると痛みが強く出る

 

・動かすと痛みが増す

 

・練習中や練習後に痛みが増す

 

 

どうしてこのようなことが起こるのか

 

 

多く見られる打僕とは、何かしらの外部からの圧力により、衝撃を受けた部分が傷口を伴わずに、軟部組織が損傷することを言います。

 

患部は、腫れたり赤くなったり、熱をおびるなど、炎症を起こしている状態です。

 

組織の腫れがひどくなってしまうと、血液の流れが悪くなり軽い壊死になったり、神経を圧迫して痛みやしびれを起こします。
放って置くとどうなるのか!
単なる打撲だけならば、1週間もすると痛みや腫れは軽減されてくるのですが、筋肉、脂肪の少ないところに強く当たると骨折などを伴っている場合もあるので、きっちり治療しなければ、変形治癒や機能障害が起こるケースもみられます。

 

その為に痛みや違和感が常に見られるようなことにもなりかねます。
どのような治療をするのか!
もちろんまず最初にやることは、出来れば運動をストップすることです。患部を使った運動をしないようにすることはもちろん、可能な限り安静にしましょう。

 

 

まずは、安静にした状態で、患部を冷やします。

その状態で圧迫、挙上をします。打僕になった後にすぐ行うことで、損傷した部分が拡大するのを防ぐ効果があり、結果的に早く治りやすくなります。
患部の痛みや腫れがひいてくると関節の運動や筋肉が硬くなっているところを緩めてあげて、筋肉の動きを出すことも必要になってきます。

 

 

※ 整骨院では日常生活動作中の痛み、スポーツ中の痛みなど、ケガ・外傷にのみ保険証の適用が認められております。

 

※このブログは国家資格である柔道整復師の院長吉田炳浩が監修しています。


*******************
神戸市長田区 よしだ鍼灸整骨院HP
↑↑↑↑↑↑
こちらをクリック!!
神戸市長田区長田町1-3-1サンドール南館108号 長田神社 ダイエー前
診療時間  午前9:00~12:30
午後15:30~20:00
水曜日午後、日曜、祝日は休診です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

電話番号