テニス肘 神戸市長田区 よしだ鍼灸整骨院 平成29年4月17日

  • HOME
  • 電話
  • アクセス・料金

テニス肘 神戸市長田区 よしだ鍼灸整骨院 平成29年4月17日

(2017年04月17日 6:02 pm) コメント(0)

皆さんこんにちは!!神戸市長田区のよしだ鍼灸整骨院です。

 

本日はテニス肘について!

 

このようなことでお悩みではありませんか?

 

・テニスでフォアハンドでボールを打ち込んだ際に肘の内側が痛い

 

・テニスでバックハンドでボールを打ち込んだ際に肘の外側が痛い

 

・タオルを絞る、ドアノブを回すと肘の内側、外側が痛い

 

・物を持ち上げると肘の内側が痛い

 

・肘の内側、外側に物が当たるだけで痛い

 

 

 

テニス肘はなぜ起こるのでしょうか?

 

・肘の内側の痛み、外側の痛み、どちらも、ラケットを繰り返し振り、ボールが当たる衝撃に対して肘の筋肉が衝撃に打ち勝とうと収縮伸張を繰り返す結果、炎症や筋肉自体に微小断裂が起きてしまいます

 

・上腕骨外側上顆(肘の外の骨のでっぱり)に付着する筋肉は手首を背側(手のひらとは逆)へ曲げる作用がありバックハンド時にこの部位を多用します

 

・上腕骨内側上顆(肘の内の骨のでっぱり)に付着する筋肉は手首を掌側(手のひら側)へ曲げる作用がありフォアハンド時にこの部位を多用します

 

・ボールの固さ、弾発力、重さの違いで、軟式より公式テニスの方がよく起きるケガです

 

・自分の肘の強さ(強度)に対して肘にかける負荷が強すぎる場合

 

・肘周りの筋肉の固さが強い場合

 

 

 

 

テニス肘の痛みが治らない・悪化する理由(放っておくとどうなるか?)

 

・肘周りの筋肉の固さを放置

 

・強い痛みが残る中、プレーをし続ける

 

・ひどい場合は、肘の骨の内側、外側が出てきます

 

・さらにひどい方は、骨の剥離骨折を起こしてしまいます

 

 

 

 

神戸市長田区のよしだ鍼灸整骨院のテニス肘の施術方法は?

 

・痛みの原因となっている筋肉の固さを取り除きます

 

・肘の痛みのみならず、手首の動きをチェックし肘の痛みの改善へ繋げていきます

 

・ボールを打つ際に、体重が乗らずに小手先だけでボールを打ちに行く動作で肘に負荷がかかってしまうため、足運び、ステップ動作に繋がるバランストレーニング、重心移動の指導を行います

 

・肘が弱いからと単純に筋力をつけるためのトレーニングを行うのではなく、神経伝達、筋肉の反応を上げるための動作改善を行います

 

 

※ 整骨院では日常生活動作中の痛み、スポーツ中の痛みなど、ケガ・外傷にのみ保険証の適用が認められております。

※このブログは国家資格である柔道整復師の院長吉田炳浩が監修しています。


*******************
神戸市長田区 よしだ鍼灸整骨院HP
↑↑↑↑↑↑
こちらをクリック!!
神戸市長田区長田町1-3-1サンドール南館108号 長田神社 ダイエー前
診療時間  午前9:00~12:30

午後15:30~20:00
水曜日午後、日曜、祝日は休診です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

電話番号