オスグッド病 脛骨粗面部(膝下の骨)の痛み

  • HOME
  • 電話
  • アクセス・料金

オスグッド病 脛骨粗面部(膝下の骨)の痛み

こんなことでお悩みではありませんか?
no_image
  • オスグッド病
  • 膝下が痛い
  • すねの骨が出てきた
  • 正座、膝立ちをすると膝下が痛くて出来ない
  • 走る、ジャンプ、ターンすると膝下の骨が痛む
  • スポーツ中の動作で膝下の骨が痛む

サッカーやバスケットボール、陸上、ハンドボール、バレーボールなど様々なスポーツでジャンプやダッシュ、屈伸動作などの繰り返しにより、大腿四頭筋の伸び縮みで脛骨粗面に牽引力(骨が引っ張られる)がかかり、膝のお皿の下(すねの骨)に炎症、痛みが生じます。

一般的に10 - 15歳の発育期の男子に多く発生します。この時期はこの脛骨粗面部が軟骨から骨に変わろうとしている時期であるため、柔らかい部分が大腿四頭筋から膝蓋靭帯の牽引力により剥がれやすくなっています。

 

脛骨粗面部の成長線に負荷がかかると成長軟骨が剥離する=オスグッド病

成長期の軟骨から骨に変わろうとする際に繰り返し負荷をかけることにより起きます。

 

 

運動時に症状が強く現れ、膝の曲げ伸ばし動作の反復により、牽引力が働くことで、膝蓋骨遠位端、膝蓋靭帯、脛骨粗面が弱点となり、シンディングラーセン・ヨハンソン病(お皿の下)、オスグッド病(脛骨粗面)、などのように疼痛が起き、X線でも骨端核の様々な乱れや骨が剥がれ遊離骨片が認められることもあります。

 

診療時間

電話番号