テニス肘 テニス肘はなぜ起こるの? 平成30年6月29日 神戸市長田区 よしだ鍼灸整骨院・整体院

  • HOME
  • 電話
  • アクセス・料金

テニス肘 テニス肘はなぜ起こるの? 平成30年6月29日 神戸市長田区 よしだ鍼灸整骨院・整体院

(2018年06月29日 1:38 pm) コメント(0)

皆さんこんにちは!神戸市長田区のよしだ鍼灸整骨院・整体院です。

 

テニス肘をご存知ですか?

 

テニス選手に起こりやすいためテニス肘と呼ばれていますが、正式には上腕骨上顆炎といいます。

 

 

肘には手首を手の甲側に曲げる筋肉が付着している外側上顆と、手のひら側に曲げる筋肉が付着している内側上顆があります。そして、上腕骨上顆炎はバックハンドストロークで肘の外側(外側上顆)に痛みが生じる「外側上顆炎」と、フォアハンドストロークで肘の内側(内側上顆)に痛みが生じる「内側上顆炎」が分けられます。どちらも手首を繰り返し動かすことで筋肉の付着部に緊張が加わり、微小断裂が生じることによって肘に痛みが出現します。

 

テニス以外にも雑巾を絞る際やドアノブを回す際、長時間のパソコン作業など日常生活でも肘に痛みが出ることがあります。症状が悪化すれば、ペットボトルのフタを開けにくくなったりなど握力が低下する場合もあります。

 

 

痛みが出た場合は手をよく使う作業を控えて安静にし、アイシングを行います。その他にも前腕のストレッチや筋力トレーニング、エルボーバンドなどで肘にかかる負担を軽減することも重要になります。軽症であれば、炎症が治まると痛みは軽減していきますが、手をよく使うことが増えれば再発したり、長期化することもあります。

肘に痛みを感じた場合は一度、当院にご相談ください。

 

この記事は、国家資格者の柔道整復師 院長吉田炳浩が監修しています。

 

※ 整骨院では日常生活動作中の痛み、スポーツ中の痛みなど、ケガ・外傷にのみ保険証の適用が認められております。

*******************

神戸市長田区よしだ鍼灸整骨院・整体院HP

↑↑↑↑↑↑

こちらをクリック!!

神戸市長田区長田町1-3-1サンドール南館108号 長田神社 ダイエー前

診療時間  午前9:00~12:30

午後15:30~20:30

水曜日午後、日曜、祝日は休診です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

電話番号