足関節の内がえし捻挫 平成30年 1月 8日 神戸市長田区 よしだ鍼灸整骨院

  • HOME
  • 電話
  • アクセス・料金

足関節の内がえし捻挫 平成30年 1月 8日 神戸市長田区 よしだ鍼灸整骨院

(2018年01月09日 3:49 am) コメント(0)

皆さんこんにちは!!神戸市長田区のよしだ鍼灸整骨院です。

 

 

 

 

 

本日はランニングなどのスポーツ活動だけでなく日常生活でも起こりやすい足関節の内がえし捻挫について!

 

 

 

 

 

このようなことでお悩みではありませんか?
 

 

 

 

 

 

・ランニングをしている時に足首を捻った

 

 

 

 

 


・ジャンプの着地時に足首を捻った

 

 

 

 

 

 

・段差に気付かず足首を捻った

 

 

 

 

 

 

・足首を捻った後、歩くと痛い

 

 

 

 

 


・足首を押さえると痛い

 

 

 

 

 

 

・足首を捻った方向に動かすと痛い

 

 

 

 

 


足関節の内がえし捻挫はなぜ起こるのでしょうか?

 

 

 

 

 


まず内がえしとは何か、簡単に言うと足首を伸ばしたまま(解剖学的には屈曲になります)足の裏を内側に向けてみてください。

 

 

 

 

 


それが足の内がえしです。

 

 

 

 

 


捻挫した時の足の形を思い出すとそのような形だった、という方も多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

まさしくその通りで足首の捻挫は、多くの場合内がえし捻挫となっています。

 

 

 

 

 

また、みなさんが足首と呼んでいる関節は正しくは足関節、あるいは距腿関節といいます。

 

 

 

 

 

この足関節には外側靭帯、内側靭帯、遠位脛腓靭帯という3種類の靭帯が付いており、内がえし捻挫では外側靭帯の損傷が多く見られます。

 

 

 

 

 

外側靭帯はさらに3つに分けることができ、外くるぶしから前方・下方・後方に延びる靭帯をそれぞれ前距腓靭帯、踵腓靭帯、後距腓靭帯と言います。

 

 

 

 

 

このうち、最も多く見られのが前距腓靭帯損傷で、次に踵腓靭帯です。

 

 

 

 

 

足関節の内がえし捻挫の症状は、外くるぶしを中心とした痛み、腫れが見られ、数日後に外くるぶしの下方に皮下出血が見られます。

 

 

 

 

 


受傷直後には起立や歩行が困難なこともありますが、しばらくして歩行可能となる場合もあります。

 

 

 

 

 

怪我の程度と痛みや腫れが一致しないこともあるので、たいした怪我ではないと早合点しないようにしてください。

 

 

 

 

 

 


足関節内がえし捻挫の症状が治らない・悪化する理由(放っておくとどうなるか?)

 

 

 

 

 

 

・痛みや腫れを放置

 

 

 

 

 


・足関節の不安定性を放置

 

 

 

 

 

 

・筋肉の固さを放置

 

 

 

 

 


・筋肉の萎縮を放置

 

 

 

 

 


・歩けるようになったからといって施療を中止する

 

 

 

 

 

 

ただの捻挫と軽視したり的確な施療を行わなければ症状は長く残存し、捻挫がクセになったり関節の機能障害を後遺することになります。

 

 

 

 

 

 

また、痛みをかばっての代償的な運動から他部位の痛みやケガを引き起こしてしまうこともあります。

 

 

 

 

神戸市長田区のよしだ鍼灸整骨院の足関節内がえし捻挫の施療法は?

 

 

 

 

 


まず重要なのは

 

 

 

 

 

・靭帯や軟部組織といった患部の損傷の程度

 

 

 

 

 

 

・受傷直後なのか?受傷してかなりの月日を経ているのか?どの時期なのか?

 

 

 

 

 

 

・痛みの程度

 

 

 

 

 

を考えながら下記の施療法を組み合わせていきます。
 

 

 

 

 

 

・アイシング(冷やす)

 

 

 

 

 

 

・ホットパック(温める)

 

 

 

 

 

 

・電気施療

 

 

 

 

 

 

・超音波施療

 

 

 

 

 

 

・手技療法(固くなった筋肉、関節を手で緩める。逆に柔らかくなりすぎた筋肉、関節を固める。)

 

 

 

 

 

 

・ストレッチ(固くなった筋肉、関節を伸ばす)

 

 

 

 

 

 

・PNF(身体は使わないままでいると本来動くはずの方向に動かなくなります。筋肉、神経の反応が鈍くなります。その箇所を検査で見つけ出し動かなくなった筋肉、関節の動きを取り戻すためのトレーニングを行います。)

 

 

 

 

 

 

・テーピング固定

 

 

 

 

 

 

・包帯圧迫固定

 

 

 

 

 

 

・サポーター、装具装着の提案

 

 

 

 

 

 

・バランストレーニング

 

 

 

 

 

 

・筋力トレーニング

 

 

 

 

 

 
などなど

 

 

 

 

 

 

大切なことは、施療は決してワンパターンではないという事。

 

 

 

 

 

 

状態によって、症状によって施療メニューを変えていくことが、早期回復、再発防止に繋がります。

 

 

 

 

 

 


筋肉と骨格のバランスを整えて痛みを起こしにくい姿勢を身に付けませんか??
 
 
 

 

 

 

※このブログは国家資格である柔道整復師である院長吉田炳浩が監修しています。

 

 

 


 
※ 整骨院では日常生活動作中の痛み、スポーツ中の痛みなど、ケガ・外傷にのみ保険証の適用が認められております。


 



*******************


神戸市長田区 よしだ鍼灸整骨院HPへ


                                         ↑↑↑↑↑↑

                              
 こちらをクリック!!



神戸市長田区長田町1-3-1サンドール南館108号 長田神社 ダイエー前


診療時間  午前9:00~12:30

 
                      午後15:30~20:00


水曜日午後、日曜、祝日は休診です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

電話番号