腰椎分離症・腰椎分離すべり症 神戸市長田区よしだ鍼灸整骨院 平成29年9月20日

  • HOME
  • 電話
  • アクセス・料金

腰椎分離症・腰椎分離すべり症 神戸市長田区よしだ鍼灸整骨院 平成29年9月20日

(2017年09月21日 1:23 am) コメント(0)

皆さんこんにちは!!神戸市長田区のよしだ鍼灸整骨院です。
 

 

本日は腰椎分離症と腰椎(分離)すべり症について!

 

このようなことでお悩みではありませんか?

 

・スポーツ中に腰に激痛が走った。

 

・起床時に腰痛や下肢痛がある。

 

・前屈みでの作業の後に腰痛や下肢痛がある。

 

椎分離症、腰椎分離すべり症はなぜ起こるのでしょうか?


 

腰椎分離症とは腰椎後方にある椎弓の関節突起間部の骨による連続性が断たれた状態をいい、大多数の症例では青少年期の過度のスポーツが原因と考えられており第5腰椎に多く発生します。

 

わかりやすく書くと、スポーツなどで腰椎部分での過度の伸展や屈曲による荷重が関節突起部に繰り返し加わって発生する疲労骨折、考えられています。

 

青少年期であれば、腰痛を生じてすぐにスポーツ等の活動を中止し(目安として6ヶ月間)、コルセットを着用することで骨の癒合が期待出来ます。

 

 

     ※急性期を過ぎて骨癒合が期待できなく、

        痛みが強い・慢 性的であるため日常生

        活やスポーツ活動に支障がある場合には

        手術が適応となります。

 

 

 

先ほどすぐにスポーツを中止しコルセットを着用と書きましたが、放置するとどうなるでしょうか。

 

 

腰椎の前方部分の椎体と後方部分の椎弓は分離した為、安定性を失います。

 

 

骨盤側にある椎間板が変性を起こすと椎体部分が前方にすべり出し、腰椎分離すべり症となります。

 

 

腰椎分離すべり症の症状として以下のようなものがあります。

 


・腰椎前弯の増強(そり腰)

 

・高度なすべりでは背中の背骨の突起(棘突起といいます)に段差がみられる

 

・労作や腰の屈曲で腰がずれるような不安感や張った感じの腰痛、大腿部後面の重圧感

 

・片側または両側の下肢痛があり、間欠跛行を呈することがある

 

 


腰椎分離すべり症の症状が治らない・悪化する理由(放っておくとどうなるか?)

 

・腰から下肢の筋肉の固さを放置

 

・体幹、下肢筋力の弱体化

 

・神経の圧迫を強くする姿勢の持続

 

・激しい運動や重量物の運搬等、腰部への強い負荷

 

 

等により脊柱管狭窄症と同様の経過をたどりますが、膀胱直腸障害や性機能障害といった馬尾障害は生じません。

 

 

 

神戸市長田区のよしだ鍼灸整骨院の腰椎分離症・腰椎分離すべり症の施術方法は?

 


・痛みの原因となっている筋肉の固さを取り除きます

 

・体幹、下肢部の筋力の強化による局所の安定化を行うだけでなく神経伝達や筋肉の反応を上げ痛みを起こしにくい動作改善を目指します

 

・痛みを起こしている姿勢の改善を指導します

 


※ 整骨院では日常生活動作中の痛み、スポーツ中の痛みなど、ケガ・外傷にのみ保険証の適用が認められております。



 

 

 

*******************



 

神戸市長田区 よしだ鍼灸整骨院HPへ

                                              

 

                                        ↑↑↑↑↑↑
                              


 

                             こちらをクリック!!



 

神戸市長田区長田町1-3-1サンドール南館108号 長田神社 ダイエー前



 

診療時間  午前9:00~12:30
 
 

                      午後15:30~20:00



 

水曜日午後、日曜、祝日は休診です。

 

 

この記事は、国家資格者の柔道整復師 院長吉田炳浩が監修しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

電話番号