野球での腰の痛みについて! 神戸市長田区よしだ鍼灸整骨院 平成29年4月8日

  • HOME
  • 電話
  • アクセス・料金

野球での腰の痛みについて! 神戸市長田区よしだ鍼灸整骨院 平成29年4月8日

(2017年04月09日 12:33 am) コメント(0)

こんにちは!

 
神戸市長田区よしだ鍼灸整骨院です!

 

 

 

野球をしていて起こる腰痛について!

 

 
このような事でお悩みの方へ!

・スイングをすると痛みがでる

・投球時に痛みがでる

・捕球姿勢になると痛みがでる

・常に腰に痛みがある

 

 
どうしてこのような事が起こるのか?

 

 

 
スポーツ活動では、ピッチング、ジャンプ、スイング、体幹の過伸展(背筋)や、屈曲(腹筋)、回旋(腹斜筋ほか)、中腰の姿勢から腰にひねりを加えるなど、スポーツ全般の動作で発生します。腰に負担のかかる激しい動作に多く起こり、また前傾姿勢の保持や着地時の衝撃なども腰痛の原因となります。

 

 
放っておくとどうなるのか?

 

 

 

激しい運動などで腰椎に負荷がかかると、椎間関節にヒビが入ったり、骨折して前後に離れてしまうことがあります。この状態を腰椎分離症といいます。

 

また、関節が分離したことで椎骨が前の方にズレてしまった状態を腰椎分離すべり症といいます。

 

 

腰椎分離症の状態を放置しておくと、10~20%の割合で分離すべり症に進んでしまうといわれます。

 

 

骨折が椎弓の片側だけならあまり問題はありませんが、両側に起こるとすべりやすくなります。

 

分離症とすべり症は同時に起こることも多く、症状の特徴もほとんど同じです。

 

 
どのようにして施術していくのか?

 

 

筋緊張の強い筋肉を緩めていき、腰の可動域を整えていきます。

 

腰だけに着目するのではなく、肩甲骨の動きや股関節の動きを整えてあげます。

 

それに加え、ストレッチ、体幹トレーニング、軽い筋トレを行う事も非常に大切です。

 

 

そうすると全体的にバランスが整い、状態の良い身体になっていきます。

 

 

 

 

※ 整骨院では日常生活動作中の痛み、スポーツ中の痛みなど、ケガ・外傷にのみ保険証の適用が認められております。

 

※このブログは国家資格である柔道整復師の院長吉田炳浩が監修しています。

 


*******************
神戸市長田区 よしだ鍼灸整骨院HP
↑↑↑↑↑↑
こちらをクリック!!
神戸市長田区長田町1-3-1サンドール南館108号 長田神社 ダイエー前
診療時間  午前9:00~12:30
午後15:30~20:00
水曜日午後、日曜、祝日は休診です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

電話番号