練習を休む勇気が必要!神戸市長田区よしだ鍼灸整骨院 2月18日

  • HOME
  • 電話
  • アクセス・料金

練習を休む勇気が必要!神戸市長田区よしだ鍼灸整骨院 2月18日

(2017年02月18日 10:29 pm) コメント(0)

こんにちは!
神戸市長田区よしだ鍼灸整骨院です!
本日は野球肘についてです。

 

野球肘はオーバーユース(使いすぎ)によって起こることがほとんどと言えます。

 

特に小学生から高校生にかけて肘の内側が痛くなることが多く、ひどくなってくると投球動作だけで痛みがでるのではく、日常生活でもでてくることがあります。

 

オーバーユースで痛めることがほとんどと初めに書きましたが、同じチームで同じ練習をしていて、痛みが出る人と出ない人がいると思います。

 

どうして自分だけ?と疑問を持たれている方も多くいると思いますが、まず投球フォームが人それぞれ違うことが一つの要因だと思います。

 

身体の作り、使い方も人それぞれ違います。身体のバランスが非常に大切で、肘に痛みが出てるのは肘の使い方が悪いだけではありません。

 

股関節の使い方、足の踏み出す位置、体重移動のタイミングなど、それぞれが身体にあったベストな使い方をしていると痛みが出ることはほとんどありません。

 

痛みがでているが、レギュラーを奪われるのが嫌だったり、練習を休むことが嫌で痛みをずっと抱えて続けている選手が多くいる事も分かっています。

 

しかし、痛みがある中でプレーしていても不安要素が多く、上達しにくいと思います。

 

今後、選手として長く続けたいと思っている方は今のうちに早く治療する事をお勧めします。

 

投球ができなくても、休んでいる時だからこそできるトレーニングもあります。

 

広い視野をもってチームの練習雰囲気や内容をもう一度見直してみるのも普段の練習より得るものが多いと思います。

 

夢や目標があるのであれば、痛みを取る事を第一に考えてください。

 

※ 整骨院では日常生活動作中の痛み、スポーツ中の痛みなど、ケガ・外傷にのみ保険証の適用が認められております。

 

※このブログは国家資格である柔道整復師の院長吉田炳浩が監修しています。

 

*******************

神戸市長田区 よしだ鍼灸整骨院HPへ

↑↑↑↑↑↑

こちらをクリック!!

神戸市長田区長田町1-3-1サンドール南館108号 長田神社 ダイエー前

診療時間  午前9:00~12:30
午後15:30~20:00

水曜日午後、日曜、祝日は休診です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

電話番号