ケガをしてリハビリから復帰までどうしたらいい?ケガが再発しない為には⁈ 神戸市長田区よしだ鍼灸整骨院 スポーツ外傷

  • HOME
  • 電話
  • アクセス・料金

ケガをしてリハビリから復帰までどうしたらいい?ケガが再発しない為には⁈ 神戸市長田区よしだ鍼灸整骨院 スポーツ外傷

(2016年11月21日 11:21 pm) コメント(0)

こんにちは!

 

寒くなったと思うとまた暖かい日が続いたりと、体調管理が難しい季節の移り変わりのこの時期、みなさんどうお過ごしですか?

 

 

私はと言いますと、先日ブログでお伝えしましたように、社会人兵庫県サッカーリーグのリーグ戦の全日程が10月いっぱいで終了し、来年の2月まで公式戦がありません。毎年、11月から翌年2月までの公式戦がない時期は必ず太ります。。。3、4キロは、、、

 

 

2月の公式戦前になると、その増えた脂肪を落とすために、あんなことや、こんなこと、、思い出すと、、、ダイエットトレーニングをしてコンディションをととのえます。(また詳細アップします)

 

身長175センチの66キロが私のベストコンディション。それが70キロにまで(._.)_

 

 

しかし、今年のオフシーズンは、来年のサッカーマスターズ35全国大会の開催地が兵庫県開催、かつ現在2連覇中の兵庫県チームは来年も優勝、3連覇を目標に掲げており、そのチームにまたメンバーとして兵庫県代表に選ばれる為に継続して身体を造っていこう!と計画を立てました。

 

 

 

現在、練習量も少なく、負荷も低いため、シーズン中より身体のキレ、パワー、パフォーマンスは確実に下がっています。

 

 

しかし、良い点としてはシーズン中に続けて負荷の高い練習や試合を繰り返していたために、痛めていた箇所の痛みがなくなったり、筋肉関節の硬さが取れて動きが出るようになりました。が、、単純に筋肉関節を使わない、刺激を入れなくなっての(リハビリをせずにただ練習を休んで痛みが消えるのを待つだけ)痛みの解消なので、次にまた強い負荷や長い時間の練習や試合をすれば再発のリスクはあります。

 

そうならない為に、

低い負荷の短時間練習➡

低い負荷の長時間練習

少し強い負荷の短時間練習

少し強い負荷の長時間練習

負荷の強い短時間練習➡

負荷の強い長時間練習

 

と移行していくのが再発を防ぐ為のトレーニング、リハビリメニューです

 

 

当然、怪我の程度、筋肉関節の状態、年齢、スポーツの種目、怪我や病気の歴、で多少は異なったり、上記のメニューを織り交ぜたりもしますが、基本はこれです。

 

そこを痛みがなくなったからといって負傷前の元気だった頃と同じように突然強い負荷の練習を入れたり、

長い期間休んでいたからと焦って突然強い負荷の練習を入れる。と

 

 

再発するリスクは高まります。

 

また次回、再発リスクを高める要因をアップしますが、ポイントとなる再発しないためのリハビリメニュー➕大切なことは、

 

 

1、自分を知る。

生まれ持っての自分の身体は何が出来て何が出来ない。今の自分はこれが出来る、過去はこれが出来た。これをしたら古傷は痛くなる、この練習の後はここが筋肉痛になる、などなど、

 

1、人と較べない。

自分の身体の質と人の身体の質は全くの別物。という認識を持つ。

人と比べてしまう事で自分を見失って焦って自分のキャパに合っていないことをしたりせず、自分の出来ない事を客観的に把握し、改善できそうな自分の弱点(ここも客観的に考える)の改善と長所を伸ばす事に努める事が自分の身体、パフォーマンスを上げる最短で最善のトレーニング方法です。

 

 

※ 整骨院では日常生活動作中の痛み、スポーツ中の痛みなど、ケガ・外傷にのみ保険証の適用が認められております。

 

※このブログは国家資格である柔道整復師 院長吉田炳浩が監修しています。

 

*******************

 

神戸市長田区 よしだ鍼灸整骨院公式HP

神戸市長田区長田町1-3-1サンドール南館108号 長田神社 ダイエー前

診療時間 午前9:00~12:30

午後15:30~20:00

水曜日午後、日曜、祝日は休診です。

*******************

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

電話番号